ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オリジナル紙袋を作ろう! | main | 羊毛で作るペーパーウェイト >>
2013.11.11 Monday

クレヨンをもう一度楽しむ!

「クレヨン」という材料はどうも「幼児向き」というイメージがありませんか??


私自身、小さい頃たくさんクレヨンでお絵描きした記憶はあっても

大きくなってからはあまり使用しなくなった様な気がします。


実際我がスタジオの小学生高学年は嫌がりますね。


その理由として、ベタベタした質感・細かく作業できない・混色できないの

3点が主に敬遠されてしまう理由の様な気がします。


今回は「クレヨンて素晴らしいぜ!」という事をもう一度理解するために行ってみました。


まずクレヨンの素敵な所は、削ったりのばしたりと実は様々な表情が出せる事なんですよね。

あとは発色。かなりビビットな色が出ます。


今回題材は「恐竜」か「お城」としました。(両方でもオッケー)

なぜこのモチーフかと言うと、

今現在、恐竜が当時どんな色をしていたかまだ解明されていないため自由に色を付けられるという事で選びました。

また、お城は土やレンガ石など面白い素材で作られている事が多く、

より質感にこだわれる題材かな、と思い選択しました。


どうぞご覧ください!


                                 


結果クレヨンにはまってしまった生徒が何人かおりました。

鵜澤先生も色々なメーカーや色を研究するの、とっても楽しかったです!


ちょっとオススメなんですが、サクラクレパスのスペシャリストってのが

とっても良かったです。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album